未分類 0 Comments

通常、一戸建て住宅を建てる場合には、土地と建物をセットで購入するのが一般的で、そのため借地権付きの物件はめったに見られるものではありません。土地と建物をセットで購入しておけば、土地を貸してくれている地主さんとの間でトラブルが発生することもありませんし、将来的なリスクを回避するためにもこの方法が王道になっているわけです。しかしながら、現実には借地権を使って住宅を建てるケースは少ないものの起こり得ます。その場合、地代は毎月支払う必要があり、どことなく一戸建て住宅を購入したという実感が持てないものです。

借地権付きの土地を確保して、そこへ建物を建てることのデメリットには、建物自体を売却することが難しい点、更新料などを地主に追加で支払う可能性がある点、毎月地代を支払わなければならない点などが挙げられます。将来のことは誰にも予測がつかないものですが、もしも建物を手放さなければならないシーンが訪れた場合には売却しにくいことが不幸へとつながる可能性も考えられ、このように将来的なリスクも高いことから、一戸建て住宅を購入する際には土地と建物をセットで購入するのが一般的になっているのです。しかしながら借地権付き物件はデメリットばかりではありません。