借地権ってどんな権利?

未分類 0 Comments

物件への投資や自らが住む物件の購入を検討している、あるいは住宅を建てようと考えている方は、まず土地を確保することが急務になり、不動産屋さんへ赴いてさまざまな物件情報を調査していることと思われます。そこで「借地権」という言葉を見かけたことのあるという方も少なくないのではないでしょうか。借地権とは具体的にどのような権利なのでしょうか。当サイトでは借地権とはなにか、また借地権付き物件のメリット、デメリットについてご紹介していきます。

まずは借地権とはどのような権利なのかについて見ていきましょう。借地権とは簡単に言うと、土地を借りてそこへ建物を建てる権利のことを指します。借地権は更に「地上権」「賃借権」の2つに分けることができ、前者は建物を建てる権利を、後者は土地を長期間に亘って借り続けられる権利を指します。借りた土地に住宅を建てると、建物自体は自分のもの、土地は地主のものという奇妙な構図になってしまい、もしも地主が土地を返して欲しいと言いだした場合には、それでは地上にある建物はどう処分されるのかという問題に発展することになりますが、こういった問題を未然に防ぐために土地を借りる人には賃借権という権利が与えられているのです。土地を返して欲しいからと言っても住宅をそのまま他の地へと移すことは事実上不可能であり、したがって地主の無理な要求から利用者を守るために設定されているのが賃借権であると言えます。

参考リンク⇒ピタットハウス:借地権知識