未分類 0 Comments

借地権付きの物件には多くのデメリットがある一方で、魅力的なメリットがあることも事実です。そのメリットとは、土地の固定資産税がかからないという点、立地条件が比較的良いことが多いという点、かなりの低価格で購入が可能な点の3点となります。まずは固定資産税についてですが、もちろんこの税金は建物を所有していれば発生するものですが、借地権付きの土地の場合は「土地を借りている」状態なので、土地に対しては固定資産がかかりません。土地にかかる固定資産税は土地の所有者である地主さんが支払うことになります。次に立地条件の良さについてです。立地条件の良い土地は地価が高いのが常識で、そのような土地はなかなか手に入りにくいものですが、借地権付きの土地として貸してくれていることも多く、その土地を利用すれば好立地の場所に建物を建てることが可能となります。これは特に都市部にて見られ、好立地だからこそ地主さんも手放さないことが多いというわけです。

最後に低価格で建物を建てられるというメリットについてです。これは言わずもがな、誰もが想像できると思います。土地は借りる、建物は購入するという形になるわけですから、土地の購入費用はかなり抑えられ、使っている間だけ賃料を支払うのみで他の費用がかからないため低予算に抑えられるという魅力があります。

未分類 0 Comments

通常、一戸建て住宅を建てる場合には、土地と建物をセットで購入するのが一般的で、そのため借地権付きの物件はめったに見られるものではありません。土地と建物をセットで購入しておけば、土地を貸してくれている地主さんとの間でトラブルが発生することもありませんし、将来的なリスクを回避するためにもこの方法が王道になっているわけです。しかしながら、現実には借地権を使って住宅を建てるケースは少ないものの起こり得ます。その場合、地代は毎月支払う必要があり、どことなく一戸建て住宅を購入したという実感が持てないものです。

借地権付きの土地を確保して、そこへ建物を建てることのデメリットには、建物自体を売却することが難しい点、更新料などを地主に追加で支払う可能性がある点、毎月地代を支払わなければならない点などが挙げられます。将来のことは誰にも予測がつかないものですが、もしも建物を手放さなければならないシーンが訪れた場合には売却しにくいことが不幸へとつながる可能性も考えられ、このように将来的なリスクも高いことから、一戸建て住宅を購入する際には土地と建物をセットで購入するのが一般的になっているのです。しかしながら借地権付き物件はデメリットばかりではありません。

未分類 0 Comments

物件への投資や自らが住む物件の購入を検討している、あるいは住宅を建てようと考えている方は、まず土地を確保することが急務になり、不動産屋さんへ赴いてさまざまな物件情報を調査していることと思われます。そこで「借地権」という言葉を見かけたことのあるという方も少なくないのではないでしょうか。借地権とは具体的にどのような権利なのでしょうか。当サイトでは借地権とはなにか、また借地権付き物件のメリット、デメリットについてご紹介していきます。

まずは借地権とはどのような権利なのかについて見ていきましょう。借地権とは簡単に言うと、土地を借りてそこへ建物を建てる権利のことを指します。借地権は更に「地上権」「賃借権」の2つに分けることができ、前者は建物を建てる権利を、後者は土地を長期間に亘って借り続けられる権利を指します。借りた土地に住宅を建てると、建物自体は自分のもの、土地は地主のものという奇妙な構図になってしまい、もしも地主が土地を返して欲しいと言いだした場合には、それでは地上にある建物はどう処分されるのかという問題に発展することになりますが、こういった問題を未然に防ぐために土地を借りる人には賃借権という権利が与えられているのです。土地を返して欲しいからと言っても住宅をそのまま他の地へと移すことは事実上不可能であり、したがって地主の無理な要求から利用者を守るために設定されているのが賃借権であると言えます。

参考リンク⇒ピタットハウス:借地権知識