借地権付き物件にはメリットもある

未分類 0 Comments

借地権付きの物件には多くのデメリットがある一方で、魅力的なメリットがあることも事実です。そのメリットとは、土地の固定資産税がかからないという点、立地条件が比較的良いことが多いという点、かなりの低価格で購入が可能な点の3点となります。まずは固定資産税についてですが、もちろんこの税金は建物を所有していれば発生するものですが、借地権付きの土地の場合は「土地を借りている」状態なので、土地に対しては固定資産がかかりません。土地にかかる固定資産税は土地の所有者である地主さんが支払うことになります。次に立地条件の良さについてです。立地条件の良い土地は地価が高いのが常識で、そのような土地はなかなか手に入りにくいものですが、借地権付きの土地として貸してくれていることも多く、その土地を利用すれば好立地の場所に建物を建てることが可能となります。これは特に都市部にて見られ、好立地だからこそ地主さんも手放さないことが多いというわけです。

最後に低価格で建物を建てられるというメリットについてです。これは言わずもがな、誰もが想像できると思います。土地は借りる、建物は購入するという形になるわけですから、土地の購入費用はかなり抑えられ、使っている間だけ賃料を支払うのみで他の費用がかからないため低予算に抑えられるという魅力があります。